​ABOUT

1/3
ABOUT US
 
 Vision (丸重屋が目指す未来)

社会インフラの老朽化、労働人口の減少。
高度経済成長期から日本を支え続けてきた社会モデルは

限界を迎えつつあります。
これからは、限られた労働人口の中で、

効率よく安全に社会インフラを維持していくことが

必要になってきます。

丸重屋ドローンコンサルタント室は「空からインフラを守る環境づくり」、「新技術と建築土木の融合」に貢献したいと考えています。
そして「人々が安心、安全に暮らすことができる社会」を創造していきます。

ICTx経験を建築土木に活用することが必須になるこれからの時代、丸重屋ドローンコンサルタント室はICTの中でもドローンの分野に特化します。

丸重屋が創業から点検事業で得てきたこととドローンを組み合わせることで、ICT×建築土木=人々の安心と安全を実現します。

 
 Story (点検・非破壊検査の経験)

丸重屋は点検業務に特化した会社であり、

日本中の大型構造物を点検してきた実績があります。


2025年には国土交通省が推進するi-Constructionが迫る中、いち早く対応するため、2019年に社内ベンチャー制度によりドローンコンサルタント室は設立しました。

設立後、様々な現場に対し点検業務で培った経験から

精度の高い成果を出してきました。
 

ドローンだけに特化するのではなく、点検だけに特化するのではなく、両方に特化しているからこそできる成果を提供しています。

 
 Value (丸重屋の提案する価値)

通常であればドローン点検では点検できない箇所について専門業者に依頼する必要がありましたが、丸重屋では一括して目視点検及び打音検査などを行うことが可能です。

点検結果から詳細点検が必要と判断された場合には非破壊検査などそのまま詳細点検を実施することができます。

自治体や企業に対して、ドローン導入研修や教育なども実施しています。

ドローンは飛行するのが難しいと認識されてる方が多くいらっしゃいますが、本当に難しいのは取得したデータをどのように取り扱うかです。

丸重屋が提案するドローン導入研修は飛ばせるようになるだけではなく、取得したデータの加工方法から有効活用する方法まで、知識・ノウハウを全てお教えします。

topへ戻る-2dwg.png

© 2019 Marushigeya Drone Consultant Office