​インフラ点検

 

当社の特徴・強み

 

技術力が信頼に、信頼が営業に
インフラの点検調査を専門で行ってきたからこそ
当社は一人ひとりが誇れる技術力、知識量を持っています。

丸重屋は様々なインフラに対し高い専門性を持ち、必要な資格を有しているからこそ、
日常点検から詳細点検まで一括して行うことができる数少ない検査会社です。
これは日常点検の段階で詳細点検時の考察を行うことができるという点で、
より精度の高い検査結果を提出することができます。

 

特に橋梁点検については年間700橋以上の点検を行い、あらゆるタイプの橋梁まで

幅広く点検を行っています。

点検手法も打音点検だけではなく必要に応じて各種非破壊検査を行うことも可能です。

 

また、2025年より本格的導入される「i-Construction」をいち早く導入し、

3次元納品や新技術を用いた点検などに対応していることも特色の一つです。

1/1

点検内容

丸重屋では橋梁点検をはじめとした6つの点検に対応しています。
ご不明な点、お見積もりなどの相談・お問い合わせは

電話・お問い合わせフォームより随時承っております。

 
 
橋梁点検

丸重屋の創業以来、最も多くの実績を誇る点検が橋梁点検です。
地方自治体が管理している河川にかかる大小様々な橋梁から、

首都高速道路をはじめとした国が管理している中・大規模な道路にかかる橋梁まで、丸重屋では年間700橋という点検実績がございます。
橋梁点検はぜひ弊社にお任せ下さい。

トンネル・擁壁点検

 

丸重屋ではトンネルや擁壁の点検も承っております。
橋梁よりその数は少ないものの、高度成長期以降に整備されたトンネルの占める割合は多く、点検は急務であると思われます。
橋梁点検で培われたノウハウを活かした点検をご提供いたします。
また、点検結果から補修計画や補強案をご提案する事も可能です。

 
道路標識点検

 

丸重屋では道路標識点検も承っております。
道路標識やライト、カーブミラーなどといった歩行者や車両の交通の

安全、インフラの維持に関わる道路に付随するモノを超音波により鋼製の支柱や街灯などの腐食を探査する機材を使用し、1つ1つしっかりと点検させていただきます。

舗装点検

 

丸重屋では道路の舗装点検も承っております。
道路の舗装状況は使用された年数や交通量、

周辺の環境などで大きく変化します。
それらに応じた最適な点検を実施していく事で、舗装の長寿命化と

ライフサイクルコストの削減に貢献できればと考えております。

斜面・のり面点検

丸重屋では斜面・のり面の点検も承っております。
日本国内では異常気象による土砂崩れなどの被害が増加傾向にあり、
河川敷や山間部などの斜面・のり面の点検が急務であると思われます。
今までは足場の問題など安全性の確保が難しかった斜面・のり面も、
丸重屋ではドローンを利用した精度の高い点検を可能にしました

ボックス点検

 

丸重屋ではボックスカルバートの点検も承っております。設置場所や状態、現場環境などを問わず、あらゆる場所へ赴いて点検いたします。

特にコンクリート製の物であれば、丸重屋が長年培ってきた橋梁点検での経験やノウハウを最大限に活かし、より高品質な点検作業を提供する事が可能となっております。

調書作成について

丸重屋では様々なフォーマットに対応した調書を作成することが可能です。

国様式はもとより各自治体が定めた要領に対応した調書作成を行います。

国交省が推進する『i-construction』に対応した3次元成果品についても、

最新の要領に基づいた調書(成果品)を作成することが可能です。

3次元成果品については3Dモデルや点群モデル作成時の写真データ、

3Dモデル作成に使用した写真のメタデータを作成します。

これは、専用のソフトウェアと3Dモデリング技術が必要となり、

導入には膨大な時間とコストがかかります。

丸重屋は既に作成実績があり、

 

設備も導入しているため低コストかつ短時間で作成することが可能です。

 

調書作成のみの調書(成果品)作成や、

 

『i-construction』に対応した調書(成果品)作成についてのご相談も承っております。

1/1