ロープ高所作業

丸重屋のロープ高所作業 

3つのソリューション

1.

重機や仮設足場を使わずに人がアクセス困難な箇所へ近接します。

従来の工期を短縮し、コスト削減が実現可能に!

2.

非破壊検査資格+特殊高所技術資格を持った技術者が作業を実施。

近接目視・打音調査・非破壊検査など、高い精度の調査が可能です。

「フェールセーフ」を重視。特殊高所技術協会の1級・2級資格を有する技術者が

 二重三重の安全対策を講じ、作業を実施します。

3.

ロープ.jpg
Nj568.jpg

安全対策

丸重屋のロープ高所作業 

丸重屋の高所ロープ作業は、「特殊高所技術」を用い、

厚生労働省「労働安全衛生規則」に則った危険防止対策を講じて作業を実施します。

発火器材を使用せず防爆の観点からも安全を確保し、

ロープによって技術者自身を常に確保することで高い安全性を保っています。

また、定期的に技術確認講習や救助訓練を受け、安全に高い意識を持って作業に従事します。

IMG_7041.jpg

丸重屋のロープ高所作業 

​作業内容

■橋梁点検

橋梁、その他道路構造物は5年に1度の近接目視を基本として点検を実施する省令が施工されました。

これまで近接不可能だった箇所へ、特殊高所技術を用いてアクセスし、点検業務を行います。

■高速道路点検

 高架下の近接目視、コンクリートの打音検査、鋼部材の非破壊検査(磁粉探傷試験・超音波検査)を行います。

■プラント点検

 貯蔵タンク外面側板や付属物、スタックフレア等塔状構造物の外面検査・肉厚測定、排水管の腐食など、損傷程度調査を行います。

■ダム点検

ダム堤体のクラック調査、漏水量測定などを行います。

v0363.jpg
53a296ea90458.jpg
v0300.jpg

ご不明な点、お見積もりなどの相談・お問い合わせは

電話・お問い合わせフォームより随時承っております。